FC2ブログ

発表会

メールマガジンでは何度か書いたことがありますが、私は少しだけ新体操教室の指導のお手伝いをしています。本当にちょこっとだけなんですが。

かれこれ1週間前のことになりますが、他クラブの発表会に参加させてもらいました。発表会とはいっても大きな体育館を借りて25クラブほどが参加のおっきな発表会。点数はつきませんが、一応審判がいて言葉で評価を書いてもらいます。私も審判席に座らせてもらいました。

今年で2度目の参加。うちのクラブはできてまだ2年余りの新しいクラブ。試合に出られる子も少ないのでこういう発表会という場に呼んでいただけるのは子供たちにとってもとてもありがたい事ですし、勉強させてもらういい機会です。そして何より「人に見てもらう」ということは本人たちにとっては何よりの上達への一歩となります。

春ぐらいからこの発表会に向けての演技を考え、一生懸命練習してきました。発表会ということで決まった手具もなくそれぞれのクラブが独自の演技を発表できます。うちのクラブは個人演技に7人、団体演技を3つさせてもらいました。団体がもう大変でした(* ̄∇ ̄*)

団体の1つ目は小学校3年生から中学2年生までの8名でフープとリボン4×4、2つ目は小学校1年生から小学校6年生まで16人でリボン、3つ目は小学校1年生から6年生までの総勢25人の徒手演技。

私はリボンの演技を考えて子供たちに指導してきました。子供たちはリボンが一番好きなんですが何せフロアに16人が並ぶんですから最初は隣同士のリボンが絡まったり隊形がばらばらになったりと本当に苦労しました。でも本番は練習よりうまくできて審判の先生方にも褒めていただきました。1学年の人数にばらつきがあるので、なかなか同じくらいの背や技術をもった子で団体を組むことが難しいんですが、逆に小さい子も大きい子も混ぜて演技をしたことが珍しさもあり他クラブの先生にもいい評価をいただけました。まだまだ直すところも山のようにあるんですが…。

今回は個人演技の7人のうち2人のレオタードを作らせてもらったんですが、お母さんたちが本当に装飾がんばっておられました!!まったく初めてのことで「先生何をどうしていいのかわかりません(泣)」といった状態でしたが、練習のかたわら「レオタード装飾入門!」のようなことをしました(笑)手持ちのスパンコールやラインストーンモチーフをごっそり体育館にもって行き、レオタードの上にならべてあーでもないこーでもないとやっていきました。

忙しい中すごく頑張られてとっても素敵なレオタードに仕上がっていました。お母さんたちも「やりだすと結構はまってしまいます!」とおっしゃっていました。演技中はスパンコールが取れたりしないかと心配されていましたがまったくもって大丈夫でした(≧∇≦)

本人たちもとても気に入ってのびのび演技ができていましたよ。

他のクラブの演技も色々と見れて私もとても勉強になりました。うちのクラブに足りないものはやはり柔軟性(汗)新体操に不可欠な要素がまだまだできていないのでコーチと二人で「これからは地獄の柔軟やね!」と冗談を言っているところです。上手な人の演技を見て子供たちもとても勉強になったようでした。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)