FC2ブログ

練習

昨日は新体操教室の日でした。私は小さい子供もいるため、いつも途中からしか行けませんが、昨日行ったら柔軟の途中でした。同じ時間に一般、中級、上級、選手の4コースの子達が同じ体育館で練習しています。それぞれ違うメニューをするのでコーチは大変です。私が毎回最初から最後までいけたらいいんですけど・・・。

今年の夏あたりから、男のコーチが一人教室で指導をしています。教室の生徒のお父さんなんですが、元器械体操の選手で、体操で有名な名門校の体操部にいた方です。後輩はオリンピックのコーチだとか。

今の新体操は私がやっていたころとは違ってアクロバットをいれることができます。転回を演技にいれる選手が多いですよね。

アクロバットはコーチや私ではなく、この男の先生が指導します。この男の先生が教えるようになってから格段に子供たちのアクロバットが上達しました。やはり教え方が違います。私も教えてほしいくらい(笑)

またこの先生は怒るとめちゃくちゃ怖いので(笑)子供たちにも緊張感があっていい感じです。

私の住んでいるところの校区は、田舎町で小学校もそれほど大きくありません。コーチの娘さんが小学校に通っていますが、聞いたところによると、体育の授業がかなりの時間数カットされているんだそうです。体育の変わりに算数とか国語とか。1ヶ月体育の授業がなかったりするんですって。考えられません!!で、運動会とかマラソン大会の前だけ急に運動させるのだそうです。教室で教えていて感じるのが、子供たちの体力というか、持久力のなさです。すぐにばてます。練習始まって間もないのに、すぐ座る子がいます。小学校の体育の授業がないということで、マット運動もしていないのか前転がきちんとできない子や、倒立ができない子もいます。

練習の初めにランニングをしますが、それだけで疲れている子もいます。最近は子供たちの基礎体力の低下が嘆かれていますが、私もそれはとっても感じます。足腰が弱い。他の小学校でも体育の授業って少ないんでしょうか。体育って子供たちが楽しみにしている授業だと思うんですが、学校側が削ってしまうとは残念です。

今日は練習中2人泣いている子がいました。一人は言われたことができなくて悔し泣き。もう一人は足が痛いと泣き出したのですが、休ませたらけろっとしていました。今日初級から一般コースに初めて上がった子です。初めての日は、やはりなれなくてしんどいのは当然です。徐々に慣れて、またみな上を目指していきますが、練習の後コーチが聞くとまた初級に戻りたいと言ったそうです。せっかくのチャンスなのに。上手になっていこうと思えば必ず乗り越えていかないといけない壁です。最初からみなうまくなんかできません。

昨日は小学校でマラソン大会があったそう。それでも元気に練習に来ている子と、しんどいからと休んでいる子と。それぞれに個々の体力も運動能力も違いますが、こういうところで差がでてくるんです。

先日試合に出た子達は絶対に練習を休みません。しんどくても来るからこちらが帰りなさいと言うくらい。親の都合で送ってもらえずどうしても練習に行けない時は号泣するそうです。それくらい練習に行きたいと思っているというのは本当に嬉しいことですし、その気持ちがあればこそ上手になっていってるんだと思います。

最終的にはやはり気持ちひとつ。新体操が好きで、頑張りたいと気持ちが大切ですね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)